コラム

最終更新:

【コインチェックIEO】フィナンシェトークンとは?

コインチェックでフィナンシェトークンのIEOが話題になっています。IEOやフィナンシェトークンについて解説いたします。

コインチェックIEOとは

コインチェックIEO(Initial Exchange Offering)とはコインチェック社が審査を実施した企業の資金調達支援の手法になります。過去にも一度実施されたこともあり、その時はパレットトークンが抽選販売されて6万人が参加し、およそ24倍の当選率になったと言われています。

プロジェクトの資金調達として暗号資産を使用する方法はIEOとICOがあります。ICOは資金調達としてプロジェクトがトークンを販売するのですが、IEOの場合は暗号資産取引業者が間に入り審査をして上場させ販売してくれるので通常のトークンより信頼性が高くなります。

取引所にトークンがすぐに上場するので手に入れた通貨を換金することも容易になります。仮想通貨を入手しても売却するためには別の通貨にスワップしたり、該当の取引所を探す必要がありますが、コインチェックはCEXなため法定通貨との交換が可能になっており、簡単に売買できるのも魅力になります。CEXについては下記の記事に詳細が掲載されていますのでご一読いただけますと幸いです。

【DEX、CEXとは?】初心者でも分かる2つの違いについて解説!

コインチェックに限らず世界的取引所であるFTXもIEOを過去に10回実施していましたが、全てのトークンで取引開始時の価格を上回る結果を出していました。IEOで販売されるトークンの強さを物語っています。

パレットトークンの価格は上場後に数日で当時の販売価格の数十倍もの価格に高騰しました。それだけコインチェックからの審査は世間的に信用がされておりパレットトークンへの期待が高かったため上昇したとされています。

そもそもパレットが人気になった理由はエンターテイメントコンテンツのNFT流通に最も適しているブロックチェーンネットワークと言われていました。2021年頃は仮想通貨が盛り上がっていた時期でもあり数々のユーザーやプロジェクトから注目が集められました。

前回のパレットトークンIEOからおよそ2年ぶりにフィナンシェトークンのIEOが実施されます。前回同様トークンの取引所へ上場すると価値が高騰する推測も多く挙げられていますが、パレットトークンは現在、結果的には価格が落ちてしまいましたが当時の販売価格よりは高値を記録しています。

コインチェック フィナンシェトークンIEOは3月7日12時までとなっており、今回は1時間で目標金額に達成した点もあるので前回よりも倍率が上がることも予想されますので運試し感覚で応募してみるのも面白いかもしれません。

抽選は先払い方式になっており当選者にはトークンが付与され、外れた場合は応募した代金が返金されます。1口約4500円ほどで1アカウントにつき2000口応募することが可能となっていますので興味がある方は参加してみるのも良いでしょう。

フィナンシェトークンとは?

フィナンシェトークンとはトークンのブロックチェーンを活用したトークン発行型クラウドファンディングプロジェクトになります。クラウドファンディングを実施したいユーザーがフィナンシェ内でコミュニティトークンを発行し、トークンが購入されることにより資金調達ができる仕組みになっております。

コミュニティトークンを所有しているユーザーは限定のイベントや優待サービスが受けられる仕組みとなっておりクラウドファンにブロックチェーン技術を活用することでユーザーは国内外から即日で着金ができる上にオーナー側はNFTによるデジタルアセットにすることによ制作コストや配送手数料の節約が可能になり双方にメリットがあります。

このようにトークンを活用した新世代のクラウドファンディング手法を「クラウドファンディング2.0」と株式会社フィナンシェは名付けました。従来のクラウドファンディングの課題である支援して御礼品をもらった後の交流がなくなるようなこともなくなります。

フィナンシェには既にプロスポーツクラブや多数のインフルエンサーが所属しており4年150を超えるオーナーが参加しています。2020年8月には元プロサッカー選手の本田圭佑氏がオーナーを務めるクラブがFiNANCiE(フィナンシェ)を利用しトークンを発行したことで話題になりました。

本田氏の参入をきっかけに湘南ベルマーレをはじめとしたプロサッカークラブがトークンの発行を始めました。また、フィナンシェはクラウドファンディングプロジェクトだけではなく、NFTマーケットプレイスも運営しており日本発祥のプロジェクトということもあり国内で注目が集まっています。

まとめ

この記事ではコインチェックIEO フィナンシェトークンについて解説いたしました。

コインチェックIEO(Initial Exchange Offering)とはコインチェック社が審査を実施した企業の資金調達支援の手法になります。

弊社ではWeb3.0マーケティング支援やコインやウォレットの開発を行っております。
ご相談やご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは下記のメールアドレスまでご連絡よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム

メールアドレス
info@web3marketing.co.jp