コラム

最終更新:

「De:Lithe Last Memories」とは?話題のBCGについて解説!

「De:Lithe Last Memories」(ディライズ ラストメモリーズ)というブロックチェーンゲームをご存じでしょうか?こちらは、web2ゲームとして展開している「ディライズ」IPを、ブロックチェーンゲームとして活用したゲームとなっております。

大手ゲーム企業によるタイトルや、既存のIPを活用したブロックチェーンゲームが多く発表されている中、「ディライズ ラストメモリーズ」もそのなかで注目されているゲームです。今回はそんな「ディライズ ラストメモリーズ」について解説していきます!

・「ディライズ ラストメモリーズ」について

「ディライズ ラストメモリーズ」はローグライクRPGというジャンルの、美少女キャラクターを用いたダンジョン攻略に挑むゲームです。ローグライクとは、決められたマップはなく、プレイするごとにマップが自動生成されるゲームジャンルのことです。つまり、攻略するダンジョンの地形は挑戦するごとに違ったものになるということです。

また、開発者インタビューにおいて、モバイルゲームとしての面白さを維持しつつ、web3になじみのないプレイヤー層も楽しむことができるゲームを目指すという趣旨の発言があり、web3だけでなく、一般層も含む、多くのプレイヤーを集める期待が持てます。

「ディライズ ラストメモリーズ」についての基本情報を以下の表にまとめました。ご参考になれば幸いです。

「ディライズ ラストメモリーズ」では、プレイヤーは「ドール部隊」と呼ばれるキャラクターを操作して、崩壊した東京を取り戻すための戦いに乗り込むことになります。

「ドール部隊」は記事執筆時点で2つの部隊の情報が公開されています。それは、第五部隊「デュナミス」と第六部隊「エクスシア」です。

開発者インタビューにおいて、ゲームリリースまでに36キャラを実装予定であると述べられているので、残る第一から第四部隊までの情報が今後明らかになるものだと思われます。

詳しいストーリーやキャラクター説明については、公式ホームページをご参照ください。

・ゲーム内容について

ここでは、「ディライズ ラストメモリーズ」のゲーム内容について解説します。

2023年12月21日に公式生放送が実施され、キャラクター紹介や、実際にゲームをプレイするなど、多くの情報が公開されました。生放送内で公開されたゲームプレイに関する情報をまとめていきます。

プレイヤーは「ドール部隊」と呼ばれるキャラクターを操作して、崩壊した東京を取り戻すための戦いに乗り込むことになります。

具体的なゲーム内容については明らかになっていないことは多いですが、現時点で実装が確定しているゲームモードに「ビルドモード」という、シングル用のゲームモードがあります。

ビルドモードは、前述したようにプレイするごとにマップの地形が変わるダンジョンに乗り込み、キャラクターを育成することが目的のモードとなります。

ダンジョン内で敵を倒すことで経験値を獲得し、レベルアップをすることでキャラクターはスキルやバフを習得できます。習得するには3つの選択肢があり、どれを選択するかによってキャラクターの強さが変わってきます。


公式ホームページより引用)

表示される選択肢はランダムで決定されるため、試行回数をこなすことによって理想的なステータスをもったキャラクターを作ることができます。このようなランダム性もビルドモードの魅力といえます。

ビルドモードをクリアすることで、操作していたキャラクターがステータスやスキルをそのままに保存されます。保存されたキャラクターは、対人戦やマルチプレイなどのコンテンツで使用されるので、ビルドモードをうまくこなすことがゲームを進める上で重要な要素となるでしょう。

また、生放送で明らかになったゲーム内容として、ガーデンと呼ばれるロビー機能があげられます。

公式生放送より画面引用。キャラクターを操作することができる)

ガーデンは「ディライズ ラストメモリーズ」のホーム画面であり、キャラクター育成やチーム編成、バトルへの出陣など、様々なモードへアクセスするためのハブとなります。

・NFTについて

「ディライズ ラストメモリーズ」はweb3になじみのないプレイヤー層も楽しむことができるゲームを目指すだけに、ゲームをプレイする際にweb3的要素を意識しない設計にするつもりであることが開発者インタビューにおいて明言されています。ですので、ゲームを始める上で、ウォレットの用意などの特別な準備が必要になることはないでしょう。ただし、初期投資の有無については不明ですのでご注意ください。

web3になじみのないプレイヤー層を意識しているとはいえ、NFTやトークンは実装されます。トークンに関しては記事執筆時点では不明ですが、育成などに使用されるようです。

NFTについては、キャラクターや装備がNFTとして実装されます。キャラクターNFTについては、性能面に関しては不明ですが、見た目が異なるキャラクターを実装する予定であることが開発者インタビューで明らかにされています。

どのようなNFTが実装されるか、またどのようなエコノミクスに設計されるかについては記事執筆時点では不明です。公式からの続報を待ちましょう。

公式ホームページ

公式X

・まとめ

この記事では、「ディライズ ラストメモリーズ」について解説しました。

モバイルゲームに勝るとも劣らないクオリティの高さに加え、ブロックチェーンゲームならではの面白さも合わさった「ディライズ ラストメモリーズ」は、多くのプレイヤーを集めることでしょう。これまでのブロックチェーンゲーム体験を打ち壊すような「ディライズ ラストメモリーズ」をプレイしてみてはいかがでしょうか。

弊社ではGameFiプロジェクトの支援や開発を行っております。

ご相談やご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは下記のメールアドレスまでご連絡よろしくお願いいたします。

 

お問い合わせフォーム

メールアドレス