コラム

最終更新:

【AMA記事書き起こし全文】NLC Project × バカラ社長 カンボジア現地から実況中継

本記事は、カンボジアの不動産というホットで手堅い投資対象に、ブロックチェーンを駆使して少額から遠隔投資できる、レアなプロジェクト「NLC Project 」について深く知りたい方向けとなっております。

『カンボジアから中継!NLCプロジェクト&バカラ社長コラボAMA』の内容についてです。

NLCプロデューサーNAOとバカラ社長との会話の現地でのフリースタイルな会話を中心に、視聴者さんからの質問にお答えする内容になっています。NFTをまだ購入したことがない方も、コーヒータイムのお供にリラックスしてお楽しみください。

これを読めばNLCプロジェクトtの運営チームの考え方やプロデューサーNAOの人柄、NFTコレクション「Hotel Owners NFT」がどのようなNFTなのか、一歩深く理解できるはず。

実際に私はこのAMAを聞いてNLCプロジェクトのTwitter(X)、Discordを確認し、プロジェクトの手堅さを実感したので、NFTコレクションHotel Owners NFTを購入予定です。

もう少しお手軽に情報を知りたい方は、まずは『Hotel Owners NFTとは?』を先に読むことをおススメします。

それでは、AMA(※1)本文にいってみましょう!

(※1)AMA=Ask Me Anything
NFTプロジェクトの運営者が開くオンラインライブ配信。
「なんでも聞いてね。」とフランクな形で行われる事も多い。

【パート1】Hotel Owners NFTについて

<NLCプロデューサーNAO>

NLCはカンボジアにて実態のあるプロジェクトで、多くの日本人スタッフの支援を得て進めています。Web3の正しい使い方が提供できれば良いと思っています。

それでは、早速今回販売するNFTについてまず、紹介させてください。

Xで投稿している資料を見て欲しいのですが、今回販売するのは、ホテルの一部を分割したNFTです。
今回バカラ社長にも宿泊していただいたホテルの一部です。

Web3を利用することでいろいろな場所から簡単に投資ができるようになりました。
1口375ドル相当となります。(イーサなので変動しますが・・・)

仮想通貨といえば、市場が良い意味で大変なことになっていますね。

<バカラ社長>

旅行中も(仮想通貨が上がっていて)笑いが止まらないです。

<NLCプロデューサーNAO>

通常の年間利回りは6%を想定しており、カンボジアを応援するNLCを保持いただくことで、プラスのインセンティブがつきます。

5000枚までは6%、レベルがひとつ上がると+1%、もう一つ上がると+3%、年率最大24%の報酬が入ります。

最大3つまでNFTの利回りアップの恩恵を受けることができます。
今1NLC=3円くらいなので、15万円ちょっとで16%の利回りを得ることができます。

価格が上がらないうちにNLCを買っていただくことをお勧めします。

<バカラ社長>

NFTは簡単に言うとデジタル会員権ですよね?

その価値をあげて利益を出すと言うよりかは、会員になるための資格と思ってもらったほうが、理解しやすいですよね。今日初めてNFTを知った方にとっては。

<NLCプロデューサーNAO>

このNFTは価格が落ちる可能性がないんです
、こんなこと言うとプロジェクトメンバーに怒られますが(笑)。

良いところの権利を販売しているだけなので、会社が潰れても権利が残るんです。

このリターンは日々の運用のレベニューシェアなので、不動産の一部を所有するのと同じです。どこかに記載しておきますが、区分所有権に近いものなので、最終売却時の利益配当の権利もあります。

確かにNFTというとアートが流行ってしまったので、上がったら売る、買ったら損するとか考えがちですものね。

<バカラ社長>

自分の保有している不動産も、テナントが入って6%なので、このNFTは画期的ですよね。特にカンボジアの不動産は右肩上がりなので、投資としてはかなり良い物件だと思う。

投資というと、何百万円もして、借金しなければいけないというイメージがあるけどね。
自分もずっと2-3万円でできる投資があれば良いのになと言い続けてましたが、それが実現できるってことですよね。

<NLCプロデューサーNAO>

そうです!今回、1口375ドル相当+ガス代で、1000口の販売を目指しています。

利回りとしては基本が6% で、+ NLCコイン保有のインセンティブがもらえます。

ルールとしてインセンティブが追加されるのは、1アドレスあたり3口のみ。NLCの保有数とNFTの保有枚数をみてこちらでインセンティブの計算をしますので、NLCをNLCウォレットで保持してください。

3月から毎月配当開始するので4月から分配されるイメージです。

販売は、専用サイトで予定しており、別途販売日についてはアナウンスいたします。クレジットカード決済で予定していますが、追加で仮想通貨決済を調整中です。

先行販売のAllow Listを準備しており、こちらも後ほど運営からアップデートいたします。NFTなので、他の人へ売ることも可能です。

未定の部分も、決まり次第アップデートいたします。

ポイントとして、USDTで報酬を払えることが大きく、振り込み手数料なんかを払っていたら回らないんです。これはWeb3の素晴らしい点だと思います。

<バカラ社長>

なるほど。あと、現地にきて感じたことは、ロン島のビーチは素晴らしいですね。白人のお姉ちゃんたちがビーチに沢山いたし、海の中でいちゃいちゃしている人も(笑)。

<NLCプロデューサーNAO>

ロン島は、欧米人が多いです。老若男女、ゆっくりするために観光客が来ています。NLCカフェがあるエリアがロン島のメインストリートのため、これからの展開が楽しみです。

【パート2】質疑応答

<NLCプロデューサーNAO>

それでは質疑応答に移ろうと思います。

まずは軽めの質問から、カンボジアの治安はどうでしょうか、と質問いただきました。

東南アジアでは治安は安定している方だというのが回答になります。ただ、日本の安全さは世界最高峰なので、危険なところに一人で行くのはお勧めしません。

夜中にバイタクで暗闇に連れていかれ、鉄パイプを持っていた人に囲まれた、という話を聞いたこともありますので、一般的なセキュリティを考えていただければ良いと思います。

<質問者様>

購入したNLCをMetamaskで持っていますが、NLCウォレットに移した方がいいでしょうか?

<NLCプロデューサーNAO>

現在、機能を制限していますので、Metamaskで保持していただいて構いません。

NLCウォレットは、この春にリニューアルを予定していますので、そのあたりは制限がないと思っていただければと思います。

<質問者様>

カジノホテルの完成はいつ頃を予定していますか?

<NLCプロデューサーNAO>

すでに完成していて、現在プレ運用をしており、ホテル事業責任者にヒアリングしたところ、グランドオープニングは6月1日を予定しているとのことでした。

ホテルはすでに運営していますので、このNFT販売の資金で何かを作るわけではなく、建っているものを販売するイメージです。

<質問者様>

NLCを持っているとホテルに安く泊まれたりしますか?

<NLCプロデューサーNAO>

ユーティリティの利用は話には上がっているので、株主優待の特典として、皆さんが来やすくなるように、運営としては検討しております。

<質問者様>

VillaNFTの抽選券についてはどうなっていますか?

<NLCプロデューサーNAO>

VillaNFTの抽選券については忘れているわけではなく、現在遅延していますが必ず抽選発表を行います。

<質問者様>

クレジットカード決済でJCBは使えますか?

<NLCプロデューサーNAO>

JCBは難しいと思います。ただ、取引所でUSDTにしてUSDTで購入できる仕組みや、Visaデビットなど、直接送って購入できる仕組みを考えたいと思います。機会損失をなんとかしたいとは思っています。しっかりしたライセンスや環境があるからこそ、できる範囲を広げたいと思っています。

<質問者様>

カンボジアに日本食はありますでしょうか?

<バカラ社長>

初日、朝3時くらいにカンボジアについて、朝食をを9時半に取ったんです。
バイ サイ チュルークというものです。ガパオライスに似ているのですが、日本食にに近しいなと。


(バイ サイ チュルーク)

そしてお昼ご飯は牛丼を食べましたが、日本の牛丼の味でした。

日本と変わらない価格で日本食がいただけます。メニューも見ましたが、カンボジアでも日本人が多いスタッフでは、日本食も美味しくたくさん楽しめますね。

<NLCプロデューサーNAO>

調味料もきちんとサプライヤから仕入れたりと、ちゃんとした日本食なんですよ。

バカラ社長がおっしゃった通り、カンボジア料理は大体日本人の口にあうと思います、パクチーも入っていないので、タイ料理よりも親しみやすいと思います。

<質問者様>

NFTを今回買えなかったら次の機会はないのでしょうか?

<NLCプロデューサーNAO>

全く同じものを販売することはできませんが、同じような投資用NFTを用意する予定です。

<バカラ社長>

僕の別荘や事務所をNFTにすることで一人五千円から参加できる、なんていうことも可能ですよね。ホテルの一部の飲食店をNFT化することも可能ですよね。アパートの投資案件と似たようなものです。

ホテルが一つできるとそこに村ができるので、いろいろな投資案件が産まれていき、ポートフォリオが提供できると思っています。

<質問者様>

なぜNAOさんはカンボジアという国に着目して投資対象としたのかが気になります。

<NLCプロデューサーNAO>

私というよりかは、このチーム全体がプロジェクトに投資をしています。

理由は大きく3つあって、一つ目が、今後の経済発展の伸び代です。ベトナムとタイはかなり経済発展が進んでおり、もう、投資対象が残っていないです。カンボジアはベトナムとタイに挟まれているんですが、過去、大きな虐殺があり、高齢の方はほとんど亡くなってしまいました。現在、国の平均年齢が26歳と日本の1/2くらいなんです。歴史的にこの人口ピラミッドで経済が発展しない国はなかったのですが、不動産は経済が発展すれば価格が上昇すると決まっています。

二つ目の理由は、基軸通貨の一つに米ドルがあることです。現地通貨リエルも使えるのですが、ほとんど米ドルとペッグされていて、両方使えるようになっているので、通貨の価値が下がらないんです。通貨変動リスクがかなり低いというのは、発展途上国への投資で大きな魅力です。

最後の一つはカジノが合法的にできる点。タイもベトナムもカジノは禁止ですが、カンボジアはライセンス制で認めています。今回のNFTでの投資対象ホテルもカジノですが、カジノは国を超えて人が入ってくるコンテンツなんです。

これらがカンボジアを選んだ理由です。

<質問者様>

NLCのグッズ販売予定はありますでしょうか。バカラ社長の着ていたTシャツが可愛かったです。

<NLCプロデューサーNAO>

バカラ社長の着ていたTシャツは、実はロン島のNLCカフェで売っています。価格は10ドルで売っていますので、ぜひ皆さん来て、購入してください。そういう需要があればもっとグッズも増やしていきたいと思います。

<質問者様>

NLC Walletを使いNLCをステーキング中ですが、このままで問題ないですか?

<NLCプロデューサーNAO>

はい、問題はありません。現在はステーキングの報酬設定がないのですが、もちろん損することはなく、新しいアプリリリース後は自動的に移行されますのでご安心ください。

<質問者様>

ホテルはカジノの他に遊ぶところありますか?子連れでも楽しめますか?

<NLCプロデューサーNAO>

お子様連れにはロン島にいっていただくのがお勧めです。桟橋を越えてやっと膝とか胸くらいなので、釣りや遊泳も可能です。

<バカラ社長>

白い砂浜で遠浅のビーチで、子供向けの遊び場もありますしね。区画整備も綺麗にしてあるので、ゴミなど危ないものも落ちていなかったです。

<NLCプロデューサーNAO>

シアヌークビルは、マカオなどと似ていて、お酒飲んだり、カジノなど夜のシーンが多い上に、マーケットは食べれるかわからないような食材も売っていたりします・・・。

<質問者様>

ホテルの料金はどのくらいでしょうか?

<NLCプロデューサーNAO>

カジノホテルは一般相場よりも安いので、かなりいいホテル、例えばバカラ社長が泊まっていただいている部屋も、75ドルくらいです。

<バカラ社長>

え、安い。移住しようかな? 3人くらいは泊まれる広さです。75ドル、びっくりですね。日本のビジネスホテル以上のクオリティとサービスで、日本より安い。

<質問者様>

次のNFT販売の候補は決まっていますか?

<NLCプロデューサーNAO>

確定していませんが、候補としては似たようなもので考えています。
同じものは無理なので不動産ではなく投資案件で、カンボジアでの何かになりますね。

<質問者様>

(NFT保有者への)USDTの配当はウォレットに直接送られるのでしょうか?イーサチェーンでしょうか?

<NLCプロデューサーNAO>

BSCチェーンで、お持ちのウォレットにお送りします。
チェーンの設定などは、運営側でもサポートしますし、操作動画を撮影し共有します。

<質問者様>

カンボジアの経済はこれから発展するので、投資として魅力に溢れてますか?

<NLCプロデューサーNAO>

簡単に言えばYesです。投資についてはバカラ社長にお話聞きましょうか。

<バカラ社長>

一概には言えないですが、東南アジアの中で遅れていることは確かです。ただ、遅れている=弱いわけではないです。先進国と言われている日本ですら、先進国ではない衰退国、と言われています。うまく行った国、そうでない国のパターン化・お手本が情報として出てきている。遅れている国に対しそれに加えて、徐々に気づいている人から(外への)投資が始まっている感覚ですね。

個人的に、NLCじゃないにしても、カンボジアに投資を進めていく予定です。ロン島でも一部買い上げなどの投資をガンガンしたいと思っています。現物を見た人や情報をきちんとキャッチできる人にしかわからないかもしれないです。引き続きリアルを届けますので、カンボジア事業に関しては注目していってほしいです。

<NLCプロデューサーNAO>

そういえば、詳しくは言えませんがバカラ社長、島が買いたいとか?

<バカラ社長>

そうですね・・・小さい島が買いたい・・・。釣りやキャンプが好きなので。もしかすると、もしかするかも。これは、あまり言わないで欲しかったです・・・(笑)。

国が所有していない部分を買って誰かにプレゼント、誰かとビジネスというのは昨日の段階でイメージしています。僕が買って誰かにプレゼントという可能性はあります。

<NLCプロデューサーNAO>

なるほど、面白いですね!

申し訳ないのですが時間もないので、あと2つ質問に答えます。

<質問者様>

カジノやホテルの他にどのような施設を建設予定でしょうか?

<NLCプロデューサーNAO>

実際にやっているものとしては、アパートですね。

なんでこんな話になるかというと、カジノホテル一棟を建てると、24時間稼働なので、100部屋のホテルを建てると、800人ほどの従業員が必要になる。

ロン島に一棟建てるならば、1000人近くの従業員の住居と、フル稼働の食堂が必要になります。これらが、我々にとっては投資対象になるんです。

カジノホテルが一つ建つと、一つの村ができるため、従業員が使うインフラを作らなければいけないという施設を考えています。

<バカラ社長>

堅いですね!投資します!
すでにNFTを持っている人への先行販売などの特典なんかもあるといいですね。

<NLCプロデューサーNAO>

おっしゃる通り、堅いんです。
応援してくださっている方としっかりつながっていきたいと思っています。

それでは最後・・・

<質問者様>

カンボジアのトイレ事情はどんな感じですか。

<NLCプロデューサーNAO>

トイレは困っていないです。結構いきますけど(笑)。

観光客として行くところには困りませんが、一般の場所は、東南アジアのトイレです。僻地へ行きたい方はウェットティッシュとトイレットペーパーが必須です。

僕はカジノで遊んでロン島に泊まって、だと、整備されているので、心配ないです。あと、セブンイレブンの看板もピカピカで、トイレも綺麗でした。

こだわった旅をしなければ、トイレで困ることはないと思います。

それでは1時間近くになりますね。同席いただいてありがとうございます。

<バカラ社長>

チャートが上がっています。面白いですね。

<NLCプロデューサーNAO>

え、すごい!買い時かもしれません、僕がいうとアレなので。はい。

今、こちら19時です、日本と2時間の時差があるので、日本は夜の9時になりますでしょうか。これからもリアルをお届けして正しい商品を正しい形で提供していきたいと思います。

 バカラ社長にもみていただきましたので応援いただきながら、プロジェクトを進めていきたいと思います。

<バカラ社長>

明後日までカンボジアにいまして、9日の夜中に出てドバイに帰ります。この5日間くらい、3日から、他の情報は投稿していなく、みんなに見せたいものを見せたいタイミングで載せています。カジノ情報やギャルとのラインも控えているんです(笑)。

冗談抜きで、もっと多くの人とここに来たいなと思っていて。ぜひみんなとロン島で会いたいと思っているので。

直近ドバイは物価や飛行機が高いという意味で寂しい部分もありますが、韓国、タイ、フィリピン、カンボジアで日本のみんなと会えると思うとワクワクする。

こう頑張ればこうなれる、とみんなと共有したいと思っているし、いずれ一緒にカンボジアに行けたらいいなと思っています!

リアルなものをリアルにお届けしたいし、時差もドバイと異なり2時間なので、リアルを伝えられると思う。

<NLCプロデューサーNAO>

最後に案内になりますが、今回投稿いただいた方向けの当選は運営からご案内します。また前回AMAで決まっていた通り、NFTを買った方の中から、カンボジアへのツアーを3名にプレゼント、渡航費とホテル代(バカラ社長が今泊まっているホテルに)をプロジェクトで負担します。また、ロン島でバカラ社長に泊まっていただいたVillaの宿泊券を1グループ(6名)にプレゼントします!

<バカラ社長>

食費もダメですか(笑)?

<NLCプロデューサーNAO>

うーんどうしよう、そうですね、一式で来てもらえるものを抽選で企画します。

1グループと3名ですね。

<バカラ社長>

僕もNFTを買うので、抽選対象にしてください。

NFT買った人から渡航費、宿泊費、食費を合わせたご招待権と、ロン島のヴィラ宿泊券をプレゼント!

<NLCプロデューサーNAO>

了解しました(笑)。

ということで、そろそろ終わりにしましょうか!長い時間お付き合いいただきありがとうございました。バカラ社長もお付き合いありがとうございました。次回のAMAもお楽しみに!

 

以上がAMA内容の要約となります。NLCプロジェクトに関心を持っていただけたら幸いです。