コラム

最終更新:

【BulletChain(バレットチェーン)とは?】TPSゲーム×GameFi

「BulletChain」というGameFiプロジェクトをご存知ですか?最近流行りのTPSゲームの要素にBCG(ブロックチェーンゲーム)が合わさったゲームになります。

こちらの記事ではBulletChainの基本情報やどうやって稼ぐのか?についてご紹介いたします。

BulletChainとは?

BulletChain(バレットチェーン)はシューティングゲームブロックチェーン要素を加えて作られたGameFiプロジェクトですBulletChainの特徴はGameFiプロジェクトならではのP2E(Play to Earn)システムが魅力になっており、シューティングゲームをしながらお金を稼ぐことのできるアプリゲームになります。

BCG(ブロックチェーンゲーム)は初期投資が必要な場合が多いですが、BulletChainの場合は無料でプレイすることも可能になっており、無課金でもガチャで強力な武器NFTを獲得すれば多くの収入を得ることができます。

BulletChainの開発はKING SYSTEM PTE.LTDというシンガポールにある会社が請け負っていますが日本語でのサポートも対応可能でプロジェクト自体は弊社取締役の「合原 和也(ゴウハラ カズヤ)」が主導となり進めています。

役員情報はこちらをご確認ください。

実際に2022年のTOKYO GAME SHOWやブロックチェーンEXPOに出展している実績があり、アプリのリリースは2023年の春頃を想定されていますがBulletChainのリリースを心待ちにしているユーザーも多いそうです。

実際にデモ動画も公開されておりオンライン対戦で白熱している様子や実際のガチャ画面で武器NFTを見ることも可能でマーケットプレイスも現在公開されており、既にステーキングをして仮想通貨を稼いでいるユーザーもいるようです。

参照URL:https://bulletchain.sg/

当初はTwitterアカウントも英語版のみでしたが現在は日本の公式アカウントも作成されており情報を発信しているため安心してお楽しみいただけます。

次の項目で解説いたしますがLAND NFTといったゲーム内の土地のNFTを先行販売していましたが購入者の大半を日本人が占めているので日本で注目されているGameFiプロジェクトであることが分かります。

使用されている暗号資産は?

BulletChainにはそれぞれ二種類のオリジナルのトークンとNFTがあります。バイナンススマートチェーンが採用されており、トークンについては現在、PancakeSwapで購入することも可能です。

暗号通貨の種類

【BCN】
BCNはガバナンストークンになっており所有することによりプロジェクトの意思決定に参加することが可能になります。

【BUL】
一方、BULはユーティリティトークンになっておりゲーム内での武器の強化やアイテムの購入時に使用ができます。ミッションや賞金として獲得できるトークンになっており、ゲーム内の多種多様な場面で利用されるトークンになります。
また、賭けバトルのようなものもありその際に使用されるトークンもBULとなっています。

NFTの種類

【Weapon NFT】
Weapon NFT
はゲームで使用する武器のNFTになります。
こちらのNFTはガチャで獲得することができ、武器のオーナーとなり貸し出す事ができます。レンタルすると自分自身は該当の武器を使用する事ができませんが、レンタルすることで利用しているユーザーの収益の数%を取得できます。

通常のアプリゲームなどとは違い武器のNFTをユーザーが自身のウォレットで管理することが可能なので資産になります。また、マーケットプレイスに出品することによりBULトークンを獲得することもできます。

【LAND NFT】
LAND NFT
はゲーム内の土地のNFTになります。
土地のNFTとはゲームで自身のLAND NFTが使用されると収益が得られるシステムになっており、持っているだけでBULトークンを獲得する事ができます。

また、ステーキングすることも可能でこちらも同様にBULトークンを稼ぐ事ができる他に自身の所有しているLAND NFTを他のユーザーへ転売することで、まとまった収益を獲得できることを可能にしています。
ゲームが得意ではないユーザー様もLAND NFTを所持しているだけで稼げるというのがブロックチェーンゲームならではの魅力になります。

LAND NFTはガチャで獲得することができませんが、仮想通貨(BNB)で購入する事ができます。2023年2月の時点では4BNB(約16万円)で出品されており、今後も更なる高騰が予想されます。

本当に稼げるの?

GameFiの特徴の1つとして、”P2E”(遊んで稼ぐ)という表現があります。

そもそもGameFiとは、ブロックチェーンゲームをプレイしNFTや暗号資産を獲得しお金を稼ぐことを意味し、Game(ゲーム)とFinance(金融)を合わせた造語となっています。

ゲーム内で獲得したNFTやゲーム内トークンを仮想通貨へ変換し取引所に持っていくことにより法定通貨を得られるシステムとなっており、こういったシステムのことをP2E(Play to Earn)と呼ばれています。
GameFiについては下記の記事に記載されておりますのでご一読ください。

【GameFi(ゲーミファイ)とは】初心者でも分かるGameFiとP2Eについて解説!

また、GameFiプロジェクトでは初期投資が必要なパターンが多いのですが、BulletChainにつきましてはFree To Playになっているので無課金でも課金した場合に比べると少額にはなりますが通貨を稼ぐ事が可能になります。

GameFiプロジェクトは今回ご紹介させていただいたBulletChainだけではなく、最近だと『キャプテン翼 -RIVALS-』がリリースされるなど、国内でもメジャーなコンテンツが参入し始めてWeb3業界を盛り上げています。
あなたの好きなブロックチェーンゲームを探してみてください。

どうやって稼ぐ?

現在BulletChainで稼ぐには【LAND NFT】を購入する必要があります。
LAND NFTを購入した場合に3つ収益ポイントがあります。

【LAND NFT】をステーキングする

NFTをステーキングすることで、BCNトークンが分配されます。
分配されたBCNトークンはDEX(PancakeSwap)にてリスティングしているので売買することが可能です。分配量はBulletChainのマーケットプレイスで確認することができます。

参照URL:https://market.bulletchain.sg/stake

  賭けバトルモードの活用

BulletChainには賭けバトルモードを搭載しており、プレイしているユーザー同士が賭け金を出し合い、勝利チームに分配することができます。

LAND NFTを所有しているユーザーは賭け金の5%が支払われる仕組みになっておりますので、所有しているだけで稼ぐことができます。

【LAND NFT】の売買

LAND NFTをマーケットプレイス上で販売することができるので、他のNFT同様、転売をすることで稼ぐことが可能になります。

マーケットプレイスはこちら
参照URL:https://market.bulletchain.sg/

詳しい稼ぎ方についてはこちらのブログも参考にしていただけますと幸いです。

BulletChain(バレットチェーン)とは?ゲームの魅力や始め方・稼ぎ方を解説

 

・まとめ

この記事ではBulletChainについて解説いたしました。

BulletChain(バレットチェーン)はシューティングゲームにブロックチェーン要素を加えて作られたGameFiプロジェクトです。遊んで稼げるP2E(Play To Earn)が魅力のゲームとなっています。

弊社ではGameFi開発支援を行っております。
ご相談やご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは下記のメールアドレスまでご連絡よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム

メールアドレス
info@web3marketing.co.jp