コラム

最終更新:

【国内NFTマーケットプレイス】国内でNFTの販売や売買をしたい方、必見!

NFTを買ってみたいけどどこで買えばいいか分からない、海外のマーケットプレイスは怖い、こちらの記事では、そんな方へ向けて国内のNFTマーケットプレイスについてまとめ、解説いたしました。

NFTマーケットプレイスとは?

NFTマーケットプレイスとはNFTを購入したり売買する際に使用されるNFT取引の際に利用されるプラットフォームになります。有名なNFTプラットフォームだと「Opensea」や「Blur」などの国内ではなく海外のマーケットプレイスが利用される事が多いです。

海外のマーケットプレイスの方が全世界のユーザーが集まるため、出品数や取引数が多い分、全ての国の言語に対応していません。なので日本人のユーザーが使用するときに使いづらかったりトラブルがあった際のサポート窓口への問い合わせの難しさがあります。“Opensea”や“Blur”については下記の記事で詳しく解説しておりますのでご一読いただけますと幸いです。

【NFTの入手方法は?】Blur(ブラー)やOpenSeaについて解説!

日本でもWeb3.0やNFT、仮想通貨など言葉や認知度が広がってきたのもあり、様々な企業が国内のNFTマーケットプレイスを開発しています。コインチェックやLINEなど有名な企業が運営しており、現金で仮想通貨を購入できるプラットフォームもあります。

LINEといったSNS媒体やコインチェックなどの取引所が運営しているNFTマーケットプレイスは取引所のアカウントを既に持っていれば簡単にNFT取引が可能になり、国内の会社なので使いやすく安心して利用する事ができます。

NFTは代替不可能な(唯一無二であること)モノをブロックチェーン上で正確に証明したトークンなので価値がついている事が大半です。その価値のついている大切なNFTを海外のマーケットプレイスで取引するのに不安を感じる方や、日本円で決済したい方には国内のプラットフォームを推奨します。

数あるNFTマーケットプレイスの中でどれを使えばいいのか分からない方も多いと思います。それぞれのマーケットプレイスには特徴があり、その中で自分にあっているものを見つけて利用するといいでしょう。

個人的には具体的に見るべきポイントは、こちらの3点だと思っています。

①取引手数料
NFTを購入する上で手数料は大事な指標になります。
取引手数料が高いマーケットプレイスを利用してしまうと、せっかく発生した利益が減ってしまう上、購入時も価格が高くなってしまうためマーケットプレイスを選ぶ上で大事なポイントになります。

②対応通貨
対応している通貨の種類も事前に確認することが大事になります。
購入する意思があっても該当の通貨を所有していないとNFTを入手する事ができません。特に日本円で購入を検討している方は取引所選びは大事になってきますので調べてから購入しましょう。

③購入したいNFTの有無
マーケットプレイスによって出品されているプロジェクトの種類が異なります。
対象のマーケットプレイス限定で販売されることも多々あるので購入したいNFTが本当に販売されているかを確認してからマーケットプレイスにあった通貨を用意することをお勧めいたします。

国内マーケットプレイスの紹介

マーケットプレイス毎に特徴が異なると解説させていただきましたが、実際にどこの国内NFTマーケットプレイスを使用すればいいのか不明な方もいると思いますので、コインチェックNFTLINE NFTの2つを紹介いたします。

コインチェックNFT

コインチェックNFTはコインチェック株式会社が運営する2021年3月にローンチされた国内NFTマーケットプレイスの1つで、出品と購入時にガス代が発生しないといった優位性があります。

従来イーサリアム上で発行されたNFTは、イーサリアムブロックチェーン内で取引することになり、「ガス代」と呼ばれる手数料を支払う必要があります。イーサリアムチェーン上のガス代は高額なことでも有名でその対策としてポリゴンが開発されるほどでした。

NFTを出品する際にオフチェーンで管理することによりガス代が発生しないで売買する事が可能になりました。オフチェーンとは、全ての取引を毎回ブロックチェーン上で処理せず、最終的な取引結果のみをブロックチェーン上に乗せるという仕組みになります。

オフチェーンにすることによりスケーラビリティ問題の対策にもなります。ブロックチェーン技術において1つのブロックで管理できるトランザクション(データ)量には限りがあります。

なので利用者が増えていくとシステム負荷が大きくなり手数料の増加処理速度の低下が危惧されます。ビットコインはスケーラビリティ問題の解決に向けてビットコインキャッシュが誕生したそうです。

NFTを購入する際の通貨の豊富さもコインチェックNFTの魅力となっており、コインチェックで扱っている通貨で支払いが可能になります。マーケットプレイスによっては扱える通貨が限られていることもあるので注意が必要になります。

LINE NFT

LINE NFTはSNSで有名なLINE株式会社が運営している国内のマーケットプレイスで他のプラットフォームとの大きな違いはLINE Payが利用できることです。LINE Payはスマホのお財布サービスと言われており、銀行口座やコンビニ、ATMでチャージする事ができます。

ショッピング時に使用するだけではなく友達に送金することもできたり日本人にとって使いやすい馴染み深いサービスになります。LINE Payで購入できることにより特定のコインがないと購入できないといった面倒臭さやNFT購入へのハードルが下がりました。

LINE PAYで購入できるということはLINE PAYで販売することも可能になります。自分の出品したNFTが購入された場合LINE PAYにチャージできるので面倒な換金手続きが販売時も不要になります。

販売されているNFTの種類も多く有名アーティストプロ野球チーム鉄道なども販売しているので自分が好きなNFTを気軽に取引ができて初心者の方にも優しい取引所と言えるでしょう。

まとめ

この記事では国内のNFTマーケットプレイスについて解説いたしました。
国内、海外問わずマーケットプレイスにはそれぞれ特徴があり、自分のニーズにあったマーケットプレイスでNFTを入手してみて下さい。

弊社ではコインの開発やマーケティング支援を行っております。
ご相談やご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは下記のメールアドレスまでご連絡よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム

メールアドレス
info@web3marketing.co.jp