コラム

最終更新:

【トークンエコノミーとは?】仮想通貨を活用した経済?について解説!

トークンエコノミー、トークンエコノミクスといった言葉を耳にしたことはありますか?今回の記事ではトークンエコノミーについて解説いたします。

トークンエコノミーとは?

トークンエコノミーとはトークン(Token)を活用したエコノミー(経済圏)のことを表します。現在の日本では円という法定通貨が給与やショッピング、サービスを利用する際に使用されています。極端な表現をすると日本は「日本円エコノミー」になるということです。

トークン(代替貨幣)は日本語に翻訳すると「象徴」「記号」といった意味になります。今回の場合はトークン=モノの価値を象徴するデジタルデータとして紹介させていただきます。暗号化通貨の技術であるブロックチェーンを利用して構築された経済システムがトークンエコノミーと表現されます。ブロックチェーン技術については下記の記事にて詳しく解説していますのでご一読お願いいたします。

【ブロックチェーンって何?】今更聞けない?ブロックチェーンとは?

トークンエコノミーではトークンがネットワーク内で交換されることで経済的価値が生み出されます。ネットワーク上の参加者はトークンを購入することで経済的価値を取得することができます。トークンの価値は市場における需要供給によって決まり、トークンの価値が上昇すると、所有しているユーザーが経済的利益を得ることができます。

トークンがネットワーク内で交換されるというのは、ゲーム内で使用する際にトークンが購入されたり売買する際に使用されることでデジタル上のデータに価値がつきトークンの値段が上昇することです。その価値のついたデジタルデータを管理する際に使用されているのがブロックチェーン技術になります。

ブロックチェーン技術とは世界中の情報通信ネットワークを分散型でP2P(Peer to Peer)管理し処理&記録することにより改竄ができない屈強なセキュリティを保つことができるビットコインやイーサリアムといった仮想通貨に使用されているネットワークシステムになります。

日本円は海外に持って行っても支払い時に使用できず両替をしないと価値がありませんが、両替せずとも世界中どこでも同じ価値で使用できるのがビットコインやイーサリアムといった仮想通貨で、そういったトークンを使用できる経済圏をトークンエコノミーと表現されます。

仮想通貨とはビットコインやイーサリアムといったブロックチェーン上で管理されている電子データのみで取引されるデジタル通貨のことで、現在は商品やサービスを利用するときに仮想通貨で決済ができるようになりました。仮想通貨については下記の記事にて詳しく解説していますのでご一読お願いいたします。

【仮想通貨とは?】初心者でも分かる仮想通貨!簡単に解説!

メリット

資金調達手段が簡単になる

従来の場合、資金調達をする際は銀行や投資家といった大金を手にしている機関や人から融資を受けるのがメインになります。しかしトークンを発行しての資金調達だとトークンを購入するだけなので投資家だけでなくサラリーマンや学生でも応援しようと思えば購入することが可能になり、上場せずとも資金調達が可能になります。

直接的な支払いが可能になる。

トークンを利用することで直接的な支払いをすることが可能になります。従来の場合だと購入者から販売者への支払いに手数料や時間がかかることが多いですが、トークンでの送金を現実にすることで時間を要することがなく銀行口座を所有していない人にもウォレットを通して支払いすることが可能になります。

銀行に頼らずにインターネット環境があれば世界中のどこにいても自由に取引ができるようになるのがトークンエコノミーのメリットになります。

デメリット

価格が安定しない

トークンを利用することでのデメリットの一つとして価格が安定しない点が挙げられます。法定通貨に関しては日本の場合、「日本」という国が「円」と言う法定通貨の価値を保証していますがトークンの場合は価値の保証が難しい点があります。だからこそトークンの価値が急激に上がったり、下がったりするのです。

詐欺の手段として使用されてしまう

新規の暗号資産を公開することをICO(Initial Coin Offering)と表現します。簡単に表現すると、まだ世の中に出ていないコインの情報を投資目的の人に提供してコインを購入してもらい、コインの価値が上がった瞬間に自分が所有しているコインを売却し発行者だけが利益を得る詐欺の仕組みです。

仮想通貨は誰でも作ろうとすれば作る事ができてしまい株の発行とは違い審査の基準がありません。ICOと似た言葉でIEO(Initial Exchange Offering)は取引所(仮想通貨交換業者)が審査をした上で公開される信頼度の高い仮想通貨の資金調達法になります。

IEOに比べてICOでコインを公開することはハードルが低くて容易なのでユーティリティすら分からないようなコインが生み出されて詐欺に使われてしまいます。価値のほとんどついていないコイン(いわゆる草コイン)は値動きが激しい分リスクを負うことも考えて購入するようにして下さい。

まとめ

この記事ではトークンエコノミーについて解説いたしました。

トークンエコノミーとは暗号化通貨の技術であるブロックチェーンを利用して構築された仮想通貨を中心とした経済システムがトークンエコノミーと表現されます。

トークンエコノミーにより銀行を介さずともインターネット環境があれば世界中で自由に取引ができる点や、新たな資金調達手段として活用できたりメリットが発生します。

弊社ではGameFiプロジェクトやコイン開発、Web3.0のマーケティング支援を行っております。
ご相談やご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは下記のメールアドレスまでご連絡よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム

メールアドレス
info@web3marketing.co.jp