コラム

最終更新:

セキュリティトークン(ST)とは?ブロックチェーン技術を活用した資金調達

新しい資金調達として注目されているST(セキュリティ・トークン)をご存知でしょうか?こちらの記事ではセキュリティトークンについて解説いたします。

セキュリティトークンとは?

セキュリティトークン(ST)とは、ブロックチェーン技術の分散型台帳技術やトークンのノウハウを有価証券に応用したデジタルな有価証券です。「デジタル証券」とも呼ばれることがあり、STO(Security Token Offering)を活用することで美術品や不動産、映画など多種多様な対象に投資することが可能になります。

STOの特徴としては多くの投資家から資金調達が可能となり1人あたりの投資金額小口化することができ、不動産投資など金額が大きい投資に対してもSTOを活用することによって比較的少額投資が可能となっております。

また従来、ICO(Initial Coin Offering)やといった、ブロックチェーン技術で実装される「トークン」販売し、法定通貨等を調達する新しい資金調達手法が海外を中心に広く行われていましたが、 殆ど何の規制もない中で行われたICOの中には詐欺的な事案も含まれ、各国当局が規制をかけるに至りました。

こうした経緯から、金融当局の規制に則った上でトークン発行による資金調達を行う行為としてSTO(Security Token Offering)が生まれ、そのようにして発行されるトークン、或いは「投資性がある」と判断されるトークンを指す”security token”とい う用語が登場しました。

セキュリティトークン金商法の対象であり、資金決済法で定められている「暗号資産」とは別物です。暗号資産(仮想通貨)は発行者や管理者がいないが、トークンは企業や個人・団体が発行するためこれらが存在するといった違いがあるからだそうです。

【トークンエコノミーとは?】仮想通貨を活用した経済?について解説!

スマートコントラクトの活用により取引にかかる管理コストが抑えられ、取引の即時完了が可能になります。流動性の向上が見込まれることから投資機会の増加が期待できると予想されています。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で実行されるコンピュータープログラムのことを指し、合意された条件が満たされた場合に自動的に契約が行われます。ブロックチェーン上でデータが記録されており、改ざんや不正を防ぐことが可能で全てのコンピュータから情報を確認できるようになるので、従来の契約に比べて効率的かつ透明性の高い方法で契約を実行することができます。

セキュリティトークンの種類

セキュリティトークンはデジタルな有価証券と説明しましたが、その中にも種類があり、大きく分けると5種類存在します。種類ごとの特徴や活用法について解説いたします。

株式トークン

株式トークンは企業の株式をデジタル形式で表現したもので、投資家は株式トークンを購入することで、企業の所有権や利益の分配権を得ることができます。ブロックチェーン技術により株式の売買が迅速かつ透明に行われ流動性が向上します。
また、株式トークンは小口投資グローバルな投資機会の提供など、従来の株式市場では得られなかったメリットを提供します。

債券トークン

債券トークンは債券をデジタル形式で表現したもので、債券トークンの保有者は債券の利息や元本の支払いを受ける権利を持ちます。ブロックチェーン技術により債券の発行や取引、債務の管理が効率化されます。債券トークンは従来の債券市場に比べて流動性が高くグローバルな取引が可能です。

投資契約トークン

投資契約トークンは投資ファンドや不動産などの投資契約を表すトークンです。投資契約トークンの所有者は投資プロジェクトの利益キャピタルゲインを受け取る権利を持ちます。ブロックチェーン技術により、投資契約の透明性や流動性が向上し、投資家はより柔軟に投資ポートフォリオを構築できます。

ファンドトークン

ファンドトークンは投資ファンドやベンチャーキャピタルなどのファンドを表すトークンです。ファンドトークンを保有することで投資家はファンドのパフォーマンスに応じた利益を得ることができます。ブロックチェーン技術によりファンドの運営投資の追跡が透明かつ効率的に行われ、取引の流動性も向上します。

不動産トークン

不動産トークンは不動産の所有権をデジタル形式で表現したものです。投資家は不動産トークンを購入することで、不動産の収益やキャピタルゲインを享受することができます。
ブロックチェーン技術により不動産の分割所有や流動性の向上が実現され、不動産への投資のハードルが下がります。不動産トークンは小口投資グローバルな不動産市場へのアクセスの拡大に貢献します。

まとめ

この記事ではセキュリティトークンについて解説いたしました。

セキュリティートークンはデジタルな有価証券となっておりSTOを活用しての経済発展やブロックチェーン技術のスマートコントラクトによる透明性が可能な仕組みになっています。

弊社ではWeb3.0のマーケティング支援を行っております。ご相談やご不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせフォームまたは下記のメールアドレスまでご連絡よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム

メールアドレス
info@web3marketing.co.jp